讃岐弁日記 
なんがでっきょんな  生まれ育った故郷 讃岐の言葉で書く日記です。

丹後半島

久方ぶりの丹後半島。 丹後半島へ One day trip

大津に住んでいたころ 丹後へ行くのに9号線を通て 結構大変だったような記憶がある。

神戸に越してきてからは 丹後が近い。

友だちとよくドライブに出かけた。父を連れてよく出かけた。

夕日が裏温泉なんかとてもよかった。
というのは たいていカニの時期に行っているので 存分に食べさせてくれる。

無理に「間人(たいざ)カニ」でなくてもいい。

また方向がちょっと違うけれど 「ひだまり温泉」なんかもよかった。

今日は サクランボ メロン サザエ お刺身 甘海老 ブドウ が食べ放題というツアー。

好評でツアー社から 今日はバスが10台出ていますという。

「食事の時間など繰り合わせるので 少し変更があります」 というT/Dの話。

本当に行くところ行くところで 色違いのバッジに出会う。

デモ本当にうまく時間調整しているらしく 混雑で大変という感じは あまりしなかった。

伊根の舟屋の観光船に乗る人もいたけれど
私は もう何回も乗っているので道の駅舟屋の里で 待つグループに入る。

ここも できたとき 父を連れてドライブがてら来て おいしい魚料理を食べた記憶がある。

父がここを好きになって何回も行った。

観光船にも乗った。その後ツアーで何回も行っているので もういいわ という感じ。

帰りに紫陽花を見に舞鶴へ。
紫陽花を堪能してお土産をいっぱい買って帰る。

友だちに買いすぎやと言われたけれど お返しをしなければならないところが
いっぱいあって この際お返ししとこうと思って 思い切って買う。

8人分のお土産。

ほんまに買いすぎだったかな(^_-)-☆
スポンサーサイト

6か月ぶりの東京

23・24日東京で はや今日は27日。

このところ 時間が過ぎるのが異常に早く感じられる。

去年11月に行った時とは 変わっている!

なにが?

いや なんとなく なんとなく。

きれいになったのかな?

千代田線二重橋から地下で 東京駅まで行けるようになっているとか。

以前は地上を南口まで トコトコ歩いたのに。
前回は どこかでエレベーターに乗って地上に出てトコトコ・・。

今度歩いてみようかなと思ったけれど
事務所移転でもう 南青山・赤坂間の移動は???

赤坂宿泊はないような気がする。千代田線に乗ることは????

南口の郵便局が KITTE(綴りあってるかな?)
というビルになっていて うろうろ。

中に「旧局長室」というのがあって 古いままの窓枠だったり・・・
どうということはないけれど 入ってすこしほっとする。

なんでだろう

ほんどり 楽しかった(結構楽しかった)

今までとんぼ返りが多かったけど 今回はお昼に終わって 
どこかでご飯を食べようということになり KITTEへ。

信州そばを食べる。

我々のお店の選び方は 人があまり並んでいないところ!

信州そば おいしかった!
お腹がおきて(いっぱになって)気持ちが落ち着く。

それからビルの中を うろうろ。

見つけました。「東京大学」

テレビでよく見るもの・・・ ユーグレナのクッキー。
話のお土産に 買う。

「おいしい?」
「普通の味です」
「お店ここだけ」
「赤門の横にもあります」

レジを打つ人も学生?

売らんかなの様子がみじんもなくて 好感が持てる。
しばらく話す。

横にミュウジアムがあって 入ろうとすると
「無料ですけれど そのお荷物は持って入れません。
 2階にロッカーがあるので そこに入れてきてください」といわれる。

今まで研究してきたことや いろいろな物が展示されているらしい。

私たち3人はキャリーを引いたり 旅行鞄を持ったりしている。

今回は あっさり あきらめて・・・。

どの店を見ても 横文字の多いこと!

オリンピック仕様か・・・と 独り言。

東京駅の前も何やら工事中。

今度9月に行ったら見てみよう!

屋久島から持って帰った葉っぱから芽が出た。
実家の庭の花
教えてくださった皆なさんありがとう。


- Video Maker

北海道

教えていただきました。

釧路湿原 - Video Maker

やっと写真を取り込んだ

鱧料理を食べに行くのにお誘いを受けて行ってきました。

讃岐育ちで 鱧という魚を見たことがなかったので
さほど食べたいと思わずに過ごしてきました。

今回沼島へお誘いを受けて 興味津々で行ってきた。
港

そして料理
鱧料理
お品書き

ころあいのちょうど良いところで 鍋の説明を受ける。
左側に肝・眞子・骨

まず頭と骨を入れて だしをだし 身を皮のほうから入れて
花が咲いたようになるとひっくり返して しばらくして
お召し上がりください・・・・と。

左真ん中の白いのは眞子。
鱧には白子が少なくほとんど眞子です ということでした。

これで最後に 鱧どんぶり おいしかったですぅ。

良くだしが出て 湯引き以外は知らなかったけれど・・・・。

父がいてたらなんて言うだろうか?
IMG_1032―鱧―1
クルージングまでの時間を利用して付近を散策。
海風が心地よく 狭い路地によく風が通る。
IMG_1025―沼島八幡宮
IMG_1028―スイカ畑

路地の中ほどの少しの空き地にスイカ畑。
なんだかうれしくなった。
そしてクルージング。
漁船を改造したようは船。乗るのも助けてもらって・・・。
初めての経験。 楽しかった。
船が離れると 大きな魚が泳いでいた。
IMG_1044-観光
知床から帰った後だったので 観光資源がとても豊かなような気がした。
IMG_1057-紀伊水道
右手に紀伊水道 左手に沼島を見ながら 何とも充実した時間を・・・。

後で知ったことだが 沼島は 観光開発は一切しないところだそう。
いいことだ!
キャンプに来ても 材料は持ち込み ごみは持ち帰りが徹底しているみたいだった。

キャンプ帰りのグループに会ったけど 荷物の多かったこと。
釣り人も しかり。

いつまでもきれいな島であってほしいと思いました。

ほんどり(本当に 大変) 美味しく 心が豊かになるような島でした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。