讃岐弁日記 
なんがでっきょんな  生まれ育った故郷 讃岐の言葉で書く日記です。

同窓会

このところ 朝・昼・晩 ご飯を食べちゃ 寝る という生活から
ちょっと 抜け出したかな。
午前・午後 昼寝をしなくても 何とか持つようになった。

ほんまに 真剣に 脳外科へ行こうかと・・・・。

寝なくても なんとか一日持つようになってきた。

でも 27日は 午後は寝てしまったけれど。

妹 「やっと 夏の疲れが とれたんやわ よかったよかった
      私が いろいろ疲れさせたけん」
私 「疲れやったんやろうか いや ほんまに 脳外科へ行こうかと・・・」
妹 「この間 きれいに 掃除してくれて 私がするとこ なかったで」
私 「なんせ 広いけん うちの3倍くらいは あるやろね」

てな会話をして。


28日 土曜日は中学の同窓会。。
田舎の学校で 先生方が素晴らしくて 3クラスだったけど
毎年クラス替えがあったので 今では1クラスの感じ。

夕方5時集合で 集合写真 夕食 親睦。 

先生も もう10月6日で82歳とおっしゃられていた。

「僕は 他の先生方より若かったので まだおります」

恩師がお元気ということは うれしいことや。

宿泊の和室で2次会。思い思いにおしゃべりが 弾む。 

ものすごく楽しい時間を過ごし 翌日は 直島へ。

宿泊できなかった人も 昼間は動けるわ と港に集まる。

高速艇に乗船 直島へ。約30分

赤いカボチャに迎えられ 直島に上陸。

バスを待って まずベネッセハウスミュージアムの現代アートを鑑賞。

時間の関係で 地中美術館へ行けなかったのは残念だけど

私は 直島 3回目なので・・・。

聞くと いえプロジェクトの作品は恒久的なものということで
私は ここはスルー。

風景そのものに癒される感じで ほっとするところがある。

瀬戸内海はやっぱり きれい。

直島の海水浴場は とってもいい。
浜辺のきれいなこと。ゴミなどまったくなくて
砂浜が とってもきれいだった。

この日は 俗にいう「しろうまが たっとる」波が荒い。

瀬戸内海の波が荒い というのは かわいらしいもんやけど
高速艇は ちょっとだけ 揺れた。

ゆっくり遊んで 月曜日の夜 こうべに帰ってきた。

毎回お世話してくれる幹事さんや お手伝いの方々には
深く感謝して。 

私の前後に覆面パトカーなどが ないことを確認して・・・。走る(・.・;)

明日から 残っている仕事を片付けなければ(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。