讃岐弁日記 
なんがでっきょんな  生まれ育った故郷 讃岐の言葉で書く日記です。

俳句と民宿

血圧の数値にゆるる四月尽

何年か前の思い出し俳句。
血圧の薬を飲み始めたころ 作った俳句。

今また まったく同じ時期に 同じような状態になった。

血圧の数値が高く 一喜一憂している。
これって どおやら運動不足とストレスらしい。

先生「何ストレスためてるの?」
私 「ストレス?  今なにもないんですけど」
  「運動して。 歩きなさい 運動不足」
  「はい やっぱり 自転車こぎに来ようかな」
  「うん いいよ」

てな会話をして 薬は今まで通りで変わりなし。
飲む時間を 変える指導を受ける。

なかなか 薬を増やしてくれない先生。



血圧の安定してく菖蒲風呂

早くこうなりたいな。


思い出し俳句

藁焼きのかつをのたたき潮の風
潮風や美味しうましと初鰹
ひと焼べの藁の炎にかつをのせ
波白く入り江にもどるかつを船
藁焼きのかつを購う若夫婦

毎年 このころ高知の中土佐へ鰹を食べに
連れて行ってもらったけど
今年は 連休に 今治からしまなみへ入って
初めての島
大島の「千円松」というところへ

「千年松」の間違いです

連れて行ってもらった。
漁師さんがしている民宿。
露天風呂が 海水。
夕食は すべてが 絶品。
おいしいのなんの。

http://www.sennenmatu.jp/

お奨めです。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://1950coco.blog.fc2.com/tb.php/105-124ee69c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。