讃岐弁日記 
なんがでっきょんな  生まれ育った故郷 讃岐の言葉で書く日記です。

淡竹をいただく

流通センターへ宅急便を出すべく ウォーキング。
私の足では 約45分。 
行に 淡竹を取っている男性二人に出会う。

私  「淡竹ですね」
男性1「いるか?」
私  「いえ 行なので」
男性2「邪魔になるか?」
男性1「ここに 置いたるさかいに 帰りに持っていき」
私  「えっ? でも」
男性2「ええで」
私  「じゃ 1本」
男性2「1本て 1本では あかんわ」
私  「じゃ2本 すみません。ありがとうございます」
男性1「ここに置いとくさかいに 忘れなや」
私  「はい ありがとう」

で 流通センターへてくてくと・・・。

帰りに立ち止まって 草むらの中を探すと たくさん置いてある。
数えると6本!
え~っ 2本でええのに とか思いながら 袋に入れる。

下心満杯で ヤマトで袋を買ってきたので 入る・・・・が・・・・

やたら重たい!

これは あかん! 皮剥いて帰ろう。
皮をむいていると 散歩の人や お出かけの人が 皆立ち寄っていく。

「いかがですか 私もいただいたんですけど。
 2本と思ったんだけど こんなにたくさん置いてくださって」

やはり皆お出かけ途中で 断られる。

でも皮をむくと かなり軽くなって ルンルンで持ち帰り ゆがく。
淡竹は ゆがかなくてもというけれど 時期的に気になったのでゆがく。

まずお米を洗って 糠水をとり さっとゆがいた。

あとはクックパッドを見て 手持ちの材料を照らし合わせ
煮物にした。

結構いける 成功。

いつもの筍料理とは ちょっと違う。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://1950coco.blog.fc2.com/tb.php/110-46db9255
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。