讃岐弁日記 
なんがでっきょんな  生まれ育った故郷 讃岐の言葉で書く日記です。

スズメバチの巣の除去

21日にずずめばちが 浴室の換気口から
出入りしているのを 突き止める。

すぐ 神戸市役所に電話すると 
「午後に見に行きます」とのこと。

来てくださった方は 以前に来て下さった方で そのときは

「これは足長蜂やで 奥さん」

と言うことで 何もできず。

「でも私 刺されたのは 絶対違うと思うわ」
「蜂退治の専門のところに頼んだらええわ」
「そう? じゃそうします」

で終わっていたんだけど その後足長蜂は見当たらず

見つけたのが 換気口から入る蜂。

見にきてくれて
「奥さん 大当たりや スズメバチや」
「ここへすぐファックスしなさい
  僕らが帰ってから電話してたら
   今日のことにならんかもわからんから
    すぐ向こうから電話がかかるから」

と言うことで ファックスすると すぐ電話がかかってきて
「今晩の7時ごろに行きます」
「お願いします」

で晩に来てくれた方
ちょっと遅くなって もう懐中電灯なしでは見えない状態。
「すみません 車が込んでて 遅くなりました。
 いま 6丁目のお家で スズメバチの巣 とってきたところです」
「暗くなったから 明日でもいいですよ 」
「いや 蜂は夜は眼が見えないんです 夜のほうがいいんです」
「そうなんですか」

で見てもらう。電灯は 青白い光

浴室の天井の出入り口をそっと押し開けると

「あるある大きなのがある 危ないから ドアを閉めてください
  ちょっと着替えてきます」

でしばらく待つと
「終わりました とりました」

と言って 写真を見せてくださる。

ミキサーくらいの大きさ。 

ビニール袋が 重たそう。

「薬は 1ヶ月くらいは効き目があります。
  戻ってきた蜂が 巣がないので 慌てるかもわからないので
  2~3日は近寄らないでください」

という 忠告を受けて 翌日朝

そろっと 見に行くと1匹が出てくる。

玄関あたりで 死んでいる蜂2匹蜜見つけて
ちょっと ぞっとする。

慌てて玄関に走ってきて 中に入ろうとしたら
足が上がってなくて 見事な四つんばい。

お粗末さまでした。


スポンサーサイト

Comment

讃岐弁日記さん こんばんは
 スズメバチは怖かったでしょうね。駆除が出来てよかった。
 被害が無くて何よりでしたね。
 3年前息子が刺されて 意識が無くなりしばらく入院しました。
 良く助かったと今でもおもいます。
 今度刺されたら命の保証はないといわれ震え上がった記憶が 
 おもいだされました。

2013.08.23 21:58 | URL | ごんべえ #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://1950coco.blog.fc2.com/tb.php/148-45c3995e