讃岐弁日記 
なんがでっきょんな  生まれ育った故郷 讃岐の言葉で書く日記です。

俳句

久々に俳句。

句材は いっぱいあるけれど 五・七・五にまとめられず
苦労する。

友達が 
「なんしょんなー」
    
「いや なんちゃ しょーらんけど・・・」

「しんどいことばっかりしてからに まねできんわ」


8月号 投句 (6月中の作句)
      
     いい出来ではないけれど 一応15句くらいの中から。

 関雪の庭に憩へり鹿子草
 オリーブの花の開花の始まりぬ
 さみだるるひときわ映ゆる濃紫
 借景に比叡山据ゑ青時雨(円通寺)
 杜若かすかにとどく水の音
 葉桜の裏より身ゆる空の青
 時の日を予定通りに女児誕生


なかなか思うようにはいかないけれど
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://1950coco.blog.fc2.com/tb.php/149-8178d6e6