讃岐弁日記 
なんがでっきょんな  生まれ育った故郷 讃岐の言葉で書く日記です。

日記が前後するけど 宇都宮の話。餃子の話。

12月初めに 仕事で栃木県宇都宮へ行った。

宇都宮餃子を堪能。宇都宮の駅前にあるあるある。餃子のお店。

いつもビールは苦いだけなのに・・・。生ビール ジョッキで飲んじゃった。
周りの人は 私は いつもビールなんぞは飲まないので 飲めない人と思っていたらしく
みんなをびっくりさせた。
ビールがおいしかった。また餃子のおいしかったこと。

エビ・しめじ・ニラ・しそ・その他いろいろな具財の入った餃子。
餃子

そして お酢に胡椒を入れただけのタレで食べることを勧められた。
これがあっさりしておいしい。いくらでも食べられる。15~16個食べた。

英語の先生(アメリカ人)「僕餃子大好き 宇都宮に行きたい」と・・。
お土産に買って来ようと思ったけれど 何分にも仕事がらみで 持って歩くわけにもいかず
また送るにも住所がわからず・・・。

自分では焼いたりしないので 結局 お土産はなし。

そして
大谷(おおや)観音(坂東33観音の19番札所)をお参りして 大谷石の資料館へ。

おどろきもものきさんしょのき

山の下はほりだして空洞になっている。
またそこでいろいろなイベント・コンサートが行われていて 何とも不思議な人工の空間。

地下63メートルまで掘っているとか。これはいくら説明してもうまく言い表せられない。
どんどん下まで降りていくので 帰りのことを覚悟した。きっと 大変だろうと。

ところが少し階段を上っては広場、少し階段を上っては広場で気が付いたら
入口まで登ってきていて うまくできてるな~と感心。

出来たらもう一度行きたいと思った。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://1950coco.blog.fc2.com/tb.php/247-bf2e7569