讃岐弁日記 
なんがでっきょんな  生まれ育った故郷 讃岐の言葉で書く日記です。

お盆

お盆の13日に 実家へかえる。

淡路島にはいった途端 車は大渋滞。びっくり。

ゴールデンウィークに 2時間のところを7時間かけて かえってきた
弟子っこチャンは

「こんなん たいしたことないで」
「すごいでないん」
「いや 歩くくらいでも 動いとる」
「あぁ~そう」
「慌てんでもええ」

てなことで 鳴門北で降りて 一般道路へ。
ここで降りるんは 好き。

景色がええ。 きれい。 いつでも写真撮り忘れ。

で ここで降りると きまって 三谷製糖へ。
入口の門

車を止めて 入口の門をくぐると
入口
お店の入り口

ちょっとわかりにくくて 私たちのあとから入ってきた方が
「ここ入口ですか・」と聞く。
「はい どうぞ」  私お店の人ではないけれど・・・。
言ってしまう。

中に入ると 「お二人ですか?」と聞かれ しばらくすると
お菓子
このお菓子が 運ばれてくる。 訪れた人には 無料で接待してくれる。

これが またおいしい。
なでしこの 花の形をしたもの。
 お祝い用とかもあって 見るだけでも楽しい。
お花
こんなしつらえのテーブルで いただく。

外に出ると こんな絵がかいたものがある。
絵
砂糖を絞っている図。
今でもお店の中には 当時のままの風景が 残っている。
これは 確か写真取れなかったかと思うけど 勘違いかな・・・。
そして 表に回ると こんな絵。
絵ー2
そして こんなものが置いてある。
締め車
説明は 下の写真で・・。
説明書き

なんとなく ほっとするお店。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://1950coco.blog.fc2.com/tb.php/33-cca43724
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。